作品集

島田市Y様邸 築80年、住み継がれる家

島田市Y様邸 築80年、住み継がれる家
建坪:約35坪
正直な家の会

Y様邸は築80年。

ご主人で3代目となり、代々受け継がれてきました。

Y様のおじい様が自ら山へ行き、伐採した木を使用した大切なお家は、

懐かしく落ち着きを感じると来訪した方々の声もあり、

取り壊し、新しく建て替えるのでなく、古民家の雰囲気を残していきたいと考えられたY様。

古材の深い味わいや強さなど、古民家の良さを活かすため、古民家再生の道を選ばれました。


現代では生活しにくい間取りや、寒さ、暗さなどの古民家の欠点を改善することで、

ご夫婦とお子様お2人の4人家族が、快適に暮らすことができるお家が完成しました。

住まいのポイント
  • 島田市Y様邸 築80年、住み継がれる家
    立派な古材を残し、新たに漆喰や鎧(よろい)壁を採用
    軒下にある立派な1本の長い桁は、今では珍しいものです。
    古き良き古材を残し、外壁は新たに漆喰を塗り、鎧(よろい)壁の腰板にしました。
    真新しい外壁が、まるで新築のような外観となりました。

    また、南向きの長く広いウッドデッキも取り付けられ、お天気のいい日はご家族みんなでくつろぐことができます。
  • 島田市Y様邸 築80年、住み継がれる家
    Y様邸の魅力、3段に組まれた曲りくねった梁
    古民家で使われていた梁など、残せるものは残したY様邸は、
    玄関に入ると、まず大きな3段の曲りくねった梁に目がいきます。

    曲りくねった梁は、組むことが難しく、当時の大工さんの技術の高さが伺えます。
    白い土壁に映える立派な梁組は、Y様邸の魅力の一つです。

  • 島田市Y様邸 築80年、住み継がれる家
    古材と新材が調和された広々としたLDK
    以前は田の字型の和室だった場所は、
    古材と新材が調和された広々としたLDKへと生まれ変わりました。

    いく段にも組まれた立派な梁、柱、
    そして以前使われていた古建具も再利用しました。
    それら古材からは、深い味わいと落ち着きが醸し出されます。

    立派な梁がよく見える勾配天井は、大工さんが一枚一枚既存の梁に合わせ張りました。
  • 島田市Y様邸 築80年、住み継がれる家
    大工さん手作りの仏壇と押入れがある和室
    新たに作られた和室には、大工さんお手製のお仏壇と押入れが設置されました。
    落ち着いた既存の柱や梁に、上品なお仏壇がとても合います。
    以前使われていた、障子も取り付けられました。

    玄関の隣にあるので、客間としてお使いいただけそうです。