お知らせ

空き家が増えています

家づくりのこと / 2018.09.07

古民家好きの方、いらっしゃいますか?

私は古民家、大好きです。

 

「古民家」と言っても、具体的に明確な定義はないため、

一般的には50年以上の建物のことを指すそうです。

私の言うところの好きな「古民家」は、伝統的な建築方法で建てられていて、縁側があり、

深い軒、木製のサッシ、無垢材がふんだんに使われている古いお家、、、といった感じでしょうか。

 

2aab10ec6d30ea1f82f00ac1b23a3a64_s.jpg

 

今は賃貸アパートに暮らしているのですが、

昔から一度は古民家で暮らしてみたいと思っています。

そういうわけで、ちょくちょく私の暮らす市町村の空き家バンクをチェックしているのですが、

あんまり数がないんですよね。

じゃあ、空き家って少ないのか、というと、平成25年度には820万戸もあり、

どんどん増えていく一方だと統計で出ています。

平成5年には448万戸だったので、20年で1.8倍も増えたんですね。

 

ちなみに、空き家率を都道府県別に見ると、山梨県が22.0%と最も高く、

長野県が19.8%、和歌山県が18.1%となっています。

 

e52893602d27dddd2fb4d7c4f8a48700_s.jpg

 

総住宅数平成25年度には6063万戸となっていて、

昭和38年以降、一貫して増加しています。

 

できることなら、自分好みの、家族だけの家を一から造り上げたいと思いますが、

古民家でも古民家ではなくても、

中古の物件を見ていると、まだまだ住むことのできる素敵なお家もたくさんあります。

リフォーム、リノベーションをして暮らしやすくすれば、

それはそれで、自分たちの暮らしに合う素敵な家ができるのではないでしょうか。

 

私は・・・素敵な空き家、出るのを楽しみにチェックしていきます!

 

 

▽イシモク 古民家再生・リノベーション 

top_link02.jpg

畳の縁も色々!

家づくりのこと / 2018.08.27

こんにちは。

先日児童館へ行ってきました。

乳幼児の部屋には畳スペースがあり、ごろーんと寝転しておけて

とてもありがたいのですが、そこの畳の縁がとても可愛いのです。

 

ピンク地に紫などのアーガイル柄↓↓

20180822.JPG

 

畳の部屋は減っているとよく聞きますが、

イシモクで建ててくださるお施主様のお家には、

ほぼ和室があるので、畳をよく見ます。

ただ、畳の縁がないもの(琉球畳)も人気なので、縁をマジマジと見ることがあまりなかったんです。

ea3c060a2f1cb7e7fa9c1d64bf43a5e3_s.jpg

▲縁無し畳

f49bf4dfe1bb8f2f30877bfd161a5fab_s.jpg

▲縁あり畳

 

いろいろなデザインの縁があるのは知っていたのですが、

どんな種類があるのか気になったので調べたところ、

麻柄などの古典柄から、くまモンやハローキティにミッキーマウスなどのキャラクター柄

児童館の縁のように、洋風のものに、色の種類もたくさん

※ 畳の縁 で検索すると、たくさん出てきますよ!

 

子ども部屋を和室にする方は稀だと思いますが、

お施主様の家でも児童館でも、子どもたちが和室で過ごすことが

意外と多いようです。

 

家造りはもちろん大人が中心となって進めていくのですが、

子どもたちがよく使うスペースに畳があるなら、

畳の縁を子供に決めてもらうというのもいいのかなと思いました。

子どもたちも家造りに参加!できますよね。

キャラクター柄はちょっと。。。と思うなら、子どもたちが好きな色の縁にするでもいいですし。

 

たかが畳の縁、されど畳の縁!

細部にもこだわってみんなで家造りを楽しめるといいですね。