お知らせ

E様邸、無事上棟です!

お知らせ / 現場の事 / 2017.06.26

DSC_3407k.jpg

土曜日に、御前崎市E様邸を上棟しました!


詳しい様子は施工中ブログにて!

top_construction_bnr.jpgのサムネイル画像

 

防災対策していますか?

現場の事 / 2017.06.16

こんにちは。

きょうは雨がふるのでしょうか?

ふらないほうが洗濯するには助かるんですけれど、ね。

 

さて、本当にたまたま、だったのですが。

寄らせていただいたお客様のお家で分電盤を見させていただいたら、

ついていたので・・・感激でパチリ!

Y様ありがとうございます。

o0500066713956224978.jpg

 

これです!

 

なんだ、知っているよ!って方はごめんなさい。

今頃かと笑って下さい。

僕は初めて見たので、ホームセンターに行って調べました!

 

「電源遮断装置」

 

名前はかっこいいけど、ものすごくシンプルな設計。

ただ単に、揺れたら落ちるだけ。

o0500066713956224959.jpg

o0500066713956224971.jpg

 

落ちてブレーカーの元が下がり、電気の供給が止まる仕組みなんです。

何とも画期的だ!

これで火事の原因を防げたらどうですか?!地震の火事の原因は、電気関係が多いと聞きますから。

  

ただこの装置、一つだけ欠点がありました!

 

 

フタ付の分電盤だとフタが閉まらず・・・

o0500066713956224993.jpg

 

しめてしまうと重りも落ちないので、開けておくしかない!

昔の蓋無しタイプは大丈夫!

 

ちなみに金額は・・・

o0432076813956225010.jpg

 

安いですね!

僕も付けます、早速!

最近行政が力を入れている感震ブレーカーよりは全然安い。

ちなみに感震ブレーカーと云いますと・・・

o0385026613956238919.jpg

  

ココを取替える為万の費用がかかるのです。

  

ここ藤枝市でも補助金が支給されていて

設置費用の3分の2(上限5万円、千円未満切り捨て)、新築する場合は一律1万円だそうです。

 

詳しくは→藤枝市

 

E様邸新築工事、施工中ブログ更新しました☆

お知らせ / 現場の事 / 2017.06.14

E様邸新築工事の様子を、施工中ブログにアップしました!

基礎が終わり、建前を待つばかりのE様邸。

楽しみです♪

DSC_3155k.jpg

 

 

E様邸の工事進捗情報は、施工中ブログはから♪

top_construction_bnr.jpg

大工小屋、賑やかです!

お知らせ / 現場の事 / 2017.06.13

こんにちは!

本当に梅雨入りしたの!?というくらい、晴れの日が続いていますね。

 

先週から手刻み作業に大畑大工が参加しました。

いつにも増して大工小屋が賑やかです!

 

マスクで顔が見えないのが残念...イケメンハンサム大畑大工!

DSC_2955k.jpg

 

真剣な顔も、優しい笑顔も素敵です♪卓馬大工!

DSC_2981k.jpg

 

石川木材、期待の星☆建太大工!

DSC_2986k.jpg

 

with D!!

(全員大工です)

DSC_2967k.jpg

 

三人いると、なんだか壮観です!

皆さん私がカメラを持ってウロチョロしても、あたたかく見守ってくださいます...優しい(*´ω`*)

 

随時作業の様子などレポートしていきますね。

お楽しみに☆

 

その他、施工中の現場の様子などは、施工中ブログからどうぞ!

top_construction_bnr.jpg

木を漢字で囲むと??

お知らせ / 現場の事 / 2017.06.12

こんにちは。

梅雨入なんのその、今日も青空と太陽が眩しいですね!

 

さて、なぞなぞのようなタイトルです。

先日、社長ブログでも取り上げられていた、シロアリ被害のこちらの柱。

o0400053313948690802.jpg

工場の脇に置いてあるのを発見してしまいました!

DSC_2927k.jpg

見れば見るほど見事にボロボロ...というか、スカスカです。

DSC_2928k.jpg

DSC_2931k.jpg

反対側もスカスカ...

DSC_2934k.jpg

本当に屋根が落ちてきたりしなくて良かったです。

 

自然界の食物連鎖においては重要な昆虫とされているシロアリですが、人間の住む木造住宅にとっては恐ろしい天敵となってしまうんですね。

 

快適かつ健康的に木の家に住み続けるためには、シロアリ対策は必須です。

昨今、需要の拡大している外材はシロアリの食害を受けやすいという特徴があります。

ですがこれら外材は、シロアリの生息もなく、空気の乾燥した寒い地方で育っており、対腐朽・対蟻性能をあまり持ち合わせておりません。

外材の中には腐食に強い樹種もあるものの、日本の風土では腐りやすく、結果シロアリにも弱くなってしまいます。

とりわけ欧州の木材(トウヒやモミなどのホワイトウッド等)はとても腐り易く、シロアリにも弱いのでその傾向が顕著に見られます。

シロアリを防ぐ最も簡単な方法は薬剤を使用することですが、この薬剤には人体に有害な物質が含まれている場合もあり、人の健康に害を及ぼすこともあります。

一方、国産材は身体に害のある薬剤を使用しなくても、シロアリに強いという特徴があります。

国産材は、日本の気候風土の中で育ったために、建材としても日本の風土にあっているんですね。

とりわけ無垢材には、湿気を調節する機能があること、木を腐らせる原因となる「腐朽菌」に強いということから、腐食しにくいという利点があります。

しかし、集成材に比べて高い木材加工技術や、施工の技術が必要となります。

石川木材の大工は、木のクセや個性を見極めて、適材適所に配置するように木を選んでいきます。

そしてその匠の技で、1本1本のこぎりや鉋やノミを使い加工していくので、「継手」など、プレカット(機械加工)ではマネできない、複雑な加工を可能にしています。

 

さて、ここでなぞなぞの答えです。

木を壁で囲むと?

日当たりが悪くなって育ちが悪くなります。

そうすると、うまく伸びることができずに困る。

答えは「困る」です!

この柱が外材だったのかは分かりませんが、どの木材で建築するのかというのは、家を建てる家でとても大切なポイントの一つです。

それぞれの違いを確認し、こういった耐久性や加工性の違いなども把握した上で、納得のいく選択をていきたいですね!

 

そんな木材の「困らないようにする」ためのエピソードでした。

埋木

お知らせ / 現場の事 / 2017.06.07

こんにちは。

工場を覗いたら、製材部のベテラン、藤村さんが木材の「埋木」の作業をしていました。

DSC_3012k.jpg

DSC_3013k.jpg

埋木とは

材木の死節によって空いてしまった穴に、木材のパーツを埋め込んで補修をし、生節と同じような役割にして木材を有効活用できるように加工することです。

 

こういったコルクのようなものを、節や穴に一つ一つ丁寧に手作業ではめていきます。

DSC_3016k.jpg

DSC_3010k.jpg

DSC_3011k.jpg

DSC_3017k.jpg

地道ですが、大切な国産材を有効活用するには大切な作業です。

最後に、飛び出ている部をのこぎりで切って完成!

これまた手作業なんです。

 

木は二度生きるといわれています。一度は樹木として生きている時。

節は枝のあった場所です。

この木材たちが、山で生きていた証なんですね!

二度目は、伐採後木材として柱や梁などの構造材として生かされる時。

石川木材が建てる正直な家は、こうした一人一人の職人の手で支えられているのです!

DSC_3015k.jpg

 

埋木だけでもとてもきれいな部品なので、一つもらって眺めていたいな~なんて思った土屋でした。

焼津市 Y様邸新築工事、進捗です!

お知らせ / 現場の事 / 2017.06.07

DSC_2814k.jpg

こんにちは。

ちょっと肌寒い日には、断熱材に包まりたい...

ということで、焼津市 Y様邸新築工事の様子を、施工中ブログにアップしました。

構造見学会で見えていた部分も、だいぶ隠れてきましたよ!

 

詳しくは ↓ ↓ ↓ にて☆

top_construction_bnr.jpg

希望の星、手刻みデビュー

お知らせ / 現場の事 / 2017.06.06

こんにちは。

6月に入って衣替えかな、なんて思っていても朝晩はなだまだ肌寒くて、なかなかタイミングが掴めません(-_-;)

 

さて、以前社長ブログにも登場した希望の星、大工見習い鈴木健太くん

(余談ですが、石川木材には鈴木姓の方がとても多いです...なんでだろう)

 

手刻みデビューです!!

DSC_2897k.jpg

これは墨付けの最中?

正面の顔は、初披露ではないでしょうか!?

DSC_2896k.jpg

DSC_2901k.jpg

DSC_2921k.jpg

DSC_2939k.jpg

 

こちらは、別の日に作業をする鈴木くん。

DSC_2878k.jpg

DSC_2860k.jpg

この日は先輩、卓馬大工に教わっていました。

IMG_0950k.jpg

 

 

 

手刻みは、目利き腕利きの大工だからこそできる日本古来の伝統的な技術です。
墨付けされた材を、1本1本のこぎりや鉋やノミを使い加工していくため、「継手」など、プレカットではマネできない、複雑な加工が可能になります。
その手刻みを続けていくことは、失われつつある大工の技術の継承にも繋がります。
大工が木の癖や、節を見ながら一本一本加工(手刻み)することで、綺麗な木ばかり使うのではなく、一般的な材でワンランク上の構造をつくることが可能になるのです。

 

石川木材の未来を担う希望の星、鈴木くん!

今後の成長から目が離せませんね!

 

 

そんな鈴木くんにも会えるかも!?

作業見学は随時受け付けております。

見学ご希望の方は、お気軽にご一報くださいね☆

top_workshop_bnr.jpg

お電話でも受け付けていますよ~♪

054-639-084

 

堀之内 K様邸リフォーム工事

お知らせ / 現場の事 / 2017.06.03

こんにちは。

今日は気持ちの良い一日ですね!

でも、今年は例年に比べて雨がとても少ないようで。

お天気なのは洗濯物には嬉しい毎日ですが、真夏の水不足が心配です(-_-;)

 

堀之内で進んでいるK様邸のリフォーム工事の進捗を、施工中ブログにアップしました!

DSC_2845k.jpg

DSC_2849k.jpg

 

ぜひチェックしてみてくださいね☆

top_construction_bnr.jpg

施工中ブログ更新しました☆

お知らせ / 現場の事 / 2017.06.02

島田市 U様邸新築工事の様子を更新しました!

20170602103937.jpg

20170602104010.jpg

20170602104034.jpg

 

 

長期優良住宅仕様のU様邸。

長寿命住宅を目指して、着々と作業進行中です。

詳しくは施工中ブログにて♪

top_construction_bnr.jpg