家中にひろがるあたたかさ、炎のゆらめき。調理もできる薪ストーブ。いつのまにか家族があつまる
  • 薪ストーブのここが違う
  • 薪ストーブのここが違う
薪ストーブのここが違う
暖かさが違う
薪ストーブは、昔からスイッチ一つで一定温度まで暖めてくれる石油・ガス・電気ストーブとは異なります。温まるまではすこし時間が掛かりますが、その代わり全身を包むような薪ストーブ独特の暖かさを与えてくれます。
また、薪ストーブには人を引き寄せる力があるようです。ストーブに火を入れれば家族が集まり、団欒を楽しく演出してくれること間違いなし。薪ストーブのゆらゆらとした炎を眺めているときの心地よさ。癒しの効果も魅力の一つです。
自然にやさしい暖房器具
現在、二酸化炭素の大量排出により「地球温暖化」問題が深刻化していることは存知の通りで、私たちが便利な生活を営むために使用している化石燃料の使用が主な原因となっています。
薪ストーブも使用すれば当然二酸化炭素が発生しますが、その量はなんと樹木が生長過程で吸収する二酸化炭素の量とほぼ同じ程度。つまり薪ストーブは、自然循環の中に納まる量の二酸化炭素しか排出しないとてもクリーンな暖房です。また、薪ストーブは、天然の木材を燃料とした場合ダイオキシンがほとんど発生しません。
薪はダイオキシン類の生成に関わる塩素原子をごくわずかしか含まないためです。有害物質を全くというほど生み出さない薪暖房は自然にとてもやさしいのです。
暖かい調理で楽しむ
アメリカには「薪は三度、人を暖める」という有名な一節があります。
一度目は薪集め、薪割りで...
二度目は薪を燃やした、ストーブの熱で...
三度目はストーブで調理した料理を食べて...
薪ストーブは天板で調理を楽しめます。またオーブン機能付きのストーブなども用意しています。燻製、ピザなど、いろいろな料理を楽しみながら薪ストーブを活用することができます。
薪について
薪ストーブに欠かせないのはやはり薪になります。
一般的には、「硬くて比重が高い木」がよいです。具体的には針葉樹より広葉樹ですが、 針葉樹でもよく乾燥させてあれば、薪に適しているといえるでしょう。
薪に最も適した水分含有率は20%以下といわれています。
薪割りした後、最低でも雨風に晒されないよう場所で一年以上置くことが大切です。
  • 広葉樹ナラ・クリなど。薪ストーブに適している木です。
  • 針葉樹ヒノキ・スギなど。炊きつけによい。乾燥させていないと燃焼時、煤が発生し、薪ストーブや煙突を傷めやすくなります。

廃材・流木・腐木は使用しないで下さい。ストーブの寿命の低下、燃焼効率が低すぎる、
異物混入の可能性が高く思わぬトラブルを招きます。
薪が手に入る所:専門店・材木屋・製材所・燃料屋・などいろいろあります。薪ストーブを使用されている方は、ご自身でこまめに情報を集めて、薪を手に入れているようです。
また、弊社で施工させて頂いたお客様には燃料となる「薪」を低価格にて販売いたします。「建築舎」までお問い合わせ下さい。

薪ストーブの販売・施工について
薪ストーブ設置をご予定の際は「建築舎」までご相談下さい。
薪ストーブの販売・取付施工をしています。送料・設置料などは別途掛かります。
皆様のお問い合わせお待ちしております。