天竜杉や自然素材による時と共に深みの出る家づくり
建築舎の家づくりのこだわり 建築舎の家づくりのこだわり 建築舎の家づくりのこだわり
古くなるのではなく、味の出る家づくりを

住宅の工業化に伴い、自然の個性を認めず、扱いやすいように均一化しようとしました。しかし人間の力は自然にとって小さなものです。
その結果、日本の家の寿命は短くなり、平均26年で建て直されています。また、シックハウスなどの公害も生まれました。

私たちは、そういう家づくりから脱却し、基本に返り、先人たちのように自然に学びながら、自然素材が訴えかけてくる声に耳を傾け、素材が生きるような家づくりを行おうと考えます。
だから古くなっても汚くならず、時と共により味わい深い家に姿を変えるように
手間暇かけて家を造り、永く住み継がれる家づくりを目指しております。

伐採から乾燥まで手間暇かけた、地元の木材「天竜杉」
建築舎の家づくりのこだわり
材木屋の石川木材として天竜杉の伐採から乾燥までこだわります。

昔から家造りには、地元の木、自分の山の木を使ってきました。木が本来持つ力を発揮し、家の材として長く役目を果たすためには、その土地の気候で育った、風土に見合った木を使う事が大切だと、先人は経験の中で知っていました。

建築舎は、材木業を営む石川木材が運営しています。地元材である天竜杉の良さを知り、木の特性から樹齢70年以上の木にこだわって材を作ってきました。
人工乾燥で仕上がりを早くするのではなく「葉枯らし」「天然乾燥」により、『カビなどが生じにくい、腐食・害虫に強い、狂いが生じにくい』良質な木材を手間暇かけて作り上げます。その材を使う事で、長く安心して暮らせる家づくりを行っています。

自然乾燥
乾燥時間 1年ほど 乾燥方法 「太陽・雨・風」のめぐみを利用 含水率 20%前後
特徴 ・木材本来の香りや色艶が残る
・木の力が発揮できる
・防虫・消臭効果がある成分が残る
・粘りがあり、曲げに強い
・表面に割れが生じる
・若干の収縮がある
自然乾燥
乾燥時間 1~2週間ほど 乾燥方法 科学燃料を使用する 含水率 調整できる
特徴 ・木の動きが出にくく、品質の均一化できる
・表面に割れは出ないが、内部割れをする
・細胞が破壊されるため、粘りが出ない
・色艶、香りがなくなる