施工中ブログ

2階の様子です!

2017.03.15

前回は1階止まりでしたので、今回は2階へ!

 

2階では内装工事のトータルインテリア橋本の中村さんが、

せっせと壁紙を貼っていました。

o0500066713887319903.jpg

 

2Fベランダです。

実は、ベランダというか2階の屋根がものすごく広いんです。

o0768057613887319888.jpg

 

ちょっと見にくいですが、匠の手を持つ大畑大工のお手製です。

丸い穴に、ハンガーパイプ。

o0768057613887319869.jpg

 

ハンガーパイプがあるのは、この裏側です。

ここがです。

o0768057613887319864.jpg

 

 

1階に戻りました・・・

 

ここは↓前回も紹介したのですが、リビングキッチン

RCならではの柱の位置ですね。 

o0768057613887319957.jpg

 

 

仕上げ工程は、毎日でも報告できるのですが・・・

追いつきません・・・

 

 

ここで見学会情報!!

イベント・見学会ページでご案内していますが、

 

2017年4月8日(土)・9日(日)

リノベーション完成見学会を開催させていただくことになりました。

 

予約は不要ですので、お気軽にお立ち寄りください。

詳しくは↓↓見学会情報ページで御覧ください。

top_title02.jpg

いよいよ仕上げ工程へ!

2017.03.13

藤枝市堀之内で行われているRC構造のリノベーション。

いよいよ仕上げ工程へ突入です。

とりあえず、中にはいって自撮り棒で。

o0768057613887319853.jpg

 

こちらは煙突。

薪ストーブの煙突が無事につきました。

白い壁に黒の煙突は、映えますね。

o0576076813887319845.jpg

 

玄関側です。

2Fにデッキと、壁面材が取り付けられました。

杉の赤い部分のところを選んで取り付けました。

o3264244813887320093.jpg

 

玄関の正面です。

左側にはシューズクローゼット。かなりの段数、大容量の収納です。

これだけあれば、大丈夫かな?

o0576076813887320104.jpg o0576076813887319928.jpg

 

そしてメインですよね。

薪ストーブの設置場所にタイルが貼られて・・・かっこいいです!!

仕上がりが楽しみです。

o0768057613887319973.jpg

 

こちらはキッチンの背面収納

この向こう側にキッチンがあり、その向こうにまた収納があるのですが・・・

o0768057613887319943.jpg

 

それはまた。

手刻み 大工小屋で作業中

2017.03.07

少し前にお伝えした、手刻みの様子を。

 

後ろ姿は中村大工。どこにでも現れます。

材は土台

o0576076813883863980.jpg

 

床下に隠れてしまう材には桧を、

それより上は、基本的に杉を使っています。

写真↓↓の赤く見える材は杉です。

o0768057613883864002.jpg

 

杉材アップ。

これです、ほぼ赤身

ちなみに赤身とは・・・

木材の内部の色が濃い部分。樹種によっては色で判別できないものもある。

辺材に比べ耐朽性があり材として利用価値が高い。

「赤味」「赤肌」とも書く。また「心材」ともいう。

o0576076813883864063.jpg o0576076813883864027.jpg

 

なかなか今では、ノミ(大工道具)が使われないとか?!

手刻みには必須なのですが。

o0576076813883864095.jpg

 

手刻みされた材、土台です。

o0576076813883864078.jpg

 

 

手刻みはまだまだ始まったばかり。

これから大工小屋は。もっともっとたくさんの材でいっぱいになります。

 

また報告します!

住宅耐震化プロジェクト

2017.03.03

こんにちは。

今日はとってもいい天気ですね。

ぽかぽかと暖かくて・・・寝てしまいそうです。

 

 

さて、今月から、新しいリフォーム現場がスタートしました。

現場入りは、中村大工。

神の手を持つ中村大工も土いじり。

あっと!バールを使って芋ほり中。。

 

違いますけどね。

o0576076813880700060.jpg

 

室内側は、こんな感じです。↓↓

キレイにシロアリに食べられています。

 

これからだんだん暖かくなってくると、シロアリも活動するようになってきますので、

その前にしっかり!メンテナンスシておくことをおすすめします。

o0768057613880700043.jpg

 

以前、シロアリについての勉強会をさせていただいたのですが、

シロアリはアリではなくゴキブリの仲間なんですよね。

 

知ったときの衝撃といったら・・・・忘れられません。

 

数日前の静岡新聞に、こんな記事が載っていました↓↓

o0576076813880700100.jpg

 

◯耐震不足の住宅を解体するときに助成金が出る

◯静岡県だけの助成金で、補助率は工事費の23%

上限は、住宅が82万2千円

◯対象は、旧耐震基準下の1981年5月31日以前に建てられた木造住宅

 

対象になった建物は、リフォームしても解体しても補助金がでるというわけです。

また、勉強!しなければ!

どちらが得なのでしょうか。

 

また報告します。

大工工事

2017.02.21

昨日の強風すごかったですね。

おかげさまで・・・会社のテント倉庫の屋根に穴が!

o0768057613874014326.jpg

 

きれいに真っ二つ。

昨日の強風で破けたのですが、明後日また雨と強風!

o0768057613874014318.jpg

 

どうしよう!??

いろいろ考えました。

3分ぐらい。

 

仮に補修でブルーシートを張っても昨日の強風には耐えられん!

っという事で中の材料を移動で良し!になりました。

 

本題に入ります。 

 

後ろに 匠の手を持つ男 中村大工

ちょっと出腹が気になりますが...デバラじゃないですよ!

写真の撮り方が悪かったんです!

o0768057613874014350.jpg

 

床板が張終わり天井が張られてました。

張り残しから見える下地材も国産材です。

o0576076813874014457.jpg

 

2階の吹き抜け部分にも杉板が。

o0800060013874014409.jpg

 

タイコ梁は、松

o0800060013874014401.jpg

 

そして匠の手を持つ中村大工手作りの階段が完成

半分ストリップのちょっとこだわりのある階段。

材料は全て桧材

階段は角が多いしちょっとでも傷がつきにくくなるように、桧を使っています!

o0800060013874014394.jpg

 

大工工事は、まだまだこれから。

ご見学したい方は、いつでもご一報下さい。 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

~~スタッフ募集のお知らせ~~

 

木が好きな方

自然が好きな方

物づくりが好きな方

 

事務員さんと現場監督さんの募集です。

  

詳しくは、こちら

 

新卒でも、中途でも、大歓迎です。

お待ちしております。

古くなった水道管:藤枝駅前リフォーム

2017.02.18

藤枝市駅前のリフォーム現場です。

ちょっと前の・・・・報告になってしまいますが。

 

こちらのお家は、築50年以上は経っていると思います。

壁の中から竹木舞の下地が出てきました。

今の断熱材の役目をしていた物なのですが、年数が経って土がすべて落ちてました。

o0768057613854286643.jpg

 

解体が終わり新しい床組に取り掛かったところ、

水道管の位置も変更になるため古い管を撤去。

o0768057613854286675.jpg

 

当然水道管も当時の年数が経っているんですが、

昔の水道管は、(今の水道管、一般的には塩ビ管を使います)鉄管なんです。

なので、サビるんです

 

あまりわかりませんが・・・かなり管の大きさが狭まっているんですよ!

という事で、管は全て撤去して新しいものに変えました。

 

これ↓↓は、以前撮ったまったく別のお宅の井戸の管。

ほぼサビで埋まった状態です。

ここまで気持ちよく埋まると取り替える気になりますね、水が出ませんので。

o0768057613854286631.jpg

 

 

リフォーム現場では、新築の現場、今の現場では見ることのないものを

見る事ができて、興味深いです。

 

また報告します。

屋根の取り付け

2017.02.17

静岡市I様邸の現場です。

アルミサッシが付いてようやく外回りが囲えました。

 

朝から天気最高!!

s-o0768057613867841127.jpg

 

通常はレッカーは来ないのですが・・・今回はレッカー出動!!

s-o0768057613867841086.jpg

 

ついでに、ベランダのコンクリート打設も。

s-o0768057613867841107.jpg

 

レッカーがないと上がらないサイズの材です。

しかも桧材なので、杉よりも重い。

s-o0768057613867841139.jpg

 

こちらは屋根の裏。軒天。

大工の技術が分かる所です。

s-o0768043213870198616.jpg

 

普通の屋根の倍以上の手間がかかる屋根。

s-o0450080013870202921.jpg s-o0450080013870202907.jpg

 

屋根は、二重構造になっていて、屋根の上にもう一枚屋根があります。

s-o0450080013870205717.jpg

 

柱は無節で揃えました。

梁はさすがに・・・

継手もしっかり栓をして、柱の込み栓もよし!

s-o1000056313870198681.jpg

 

写真写りが良くありませんでしたが・・・

完成☆ミ

s-o1706096013870198607.jpg

 

 

またご報告します!

 

 

ちなみに、速報です!!

手刻みがスタートしました!これから1ヶ月くらい作業していきます。

ご見学したい方はご一報ください。

 

こちら↓↓からでも、お電話 054-6369-0956 でも!

top_workshop_bnr.jpg

地盤改良完了

2017.02.10

Y様邸家づくりの現場の報告です。

 

前回ご報告しました、地盤改良は完成

s-o0800067013863491894.jpg

 

全部で31本もの杭を打ちました。

s-o0768057613863491816.jpg

 

そして基礎工事に入りました。

まず仮囲いを組んで、高さの基準を決めて位置を決めます。

s-o0768057613863491767.jpg

 

位置が決まったら基礎になる部分を掘っていくのですが、

改良をコンクリートで行った場合は当然砕石の部分はコンクリートが見えているので、

基礎を掘って行く時にはよけて掘る必要があるのですが、今回は砕石なのでその心配はなさそうです。

 

また報告します。

リフォームスタート:藤枝駅前リフォーム

2017.02.08

藤枝市駅前で、リフォームが始まっています。

 

今回のリフォーム箇所は、トイレ・洗面脱衣所、廊下です。

昨年、キッチン、内装等のリフォームを行っています。

 

s-o0768057613847133881.jpg

 

リフォーム済みの玄関土間。お施主様のセンスが光る、素敵な空間です。

 

 

s-o2448326413847118199.jpg

 

トイレの横にはちょうど階段下スペースが・・・

実は、本棚の裏側なのですが、隠れていました。

 

s-o2448326413847117743.jpg

 

トイレ側から貫通。トイレが少し広くなります。

 

s-o2448326413847118055.jpg

 

廊下の工事は、床はリフォーム済みなので、壁と天井の塗替えがメイン。

 

s-o2448326413847117895.jpg

 

そしてこちらが洗面脱衣室。こちらは床、壁、天井と全て直します。

左側に映り込んでいるのはいるのは、お施主さんお手製の建具。

 

s-o2448326413847118358.jpg

 

こんな感じで素敵です。

左のカラーは和室の入口部分で、右側が外したトイレの建具なのですが、

これを取り替えようか悩みます。

もったいないですよね。

 

また報告します。

焼津市Y様邸 新築工事始まりました

2017.02.03

焼津市のY様邸新築工事がスタートしました。

 

s-o0768057613859545400.jpg

晴天のポイント出し。

 

s-o0768057613859545458.jpg

今回の地盤改良工事は、僕も初めてなんですが、天然砕石パイル工法です!

建物を支える柱状の所が砕石だけでできているんです。

出来ていると言っても固まっているわけではなく。

〈写真は、穴掘り中〉ってか全ての工事をあの機械が行います。

 

s-o0768057613859545527.jpg

砕石を入れている所。

こうして今度は、穴掘った時とは逆転させて転圧を与えながら、砕石を入れていく。

なんともシンプル。

 

s-o0768057613859545493.jpg

砕石は、普通の砕石とはちょっと違いサイズが大きいです。

 

s-o0768057613859545431.jpg

で、こんな感じの繰り返し。

やり方は、普通のコンクリートで造っていく柱状改良とほぼ同じみたいです。

 

金額はコンクリートで造る改良工事に比べて高め。

砕石なので雨水などの浸透性はすごく良さそうですね。

あと、「解体更地にした時に地盤下に埋設物が残らない」って云うのも利点です。

 

さて、どんなお家になるでしょうか。

またご報告していきます。

ご相談はお気軽に!
0120-390-346
新着ブログ記事一覧
資料請求はこちら
伝統工法の家
正直な家の会
正直メルマガ募集中