施工中ブログ

屋根の取り付け

2017.02.17

静岡市I様邸の現場です。

アルミサッシが付いてようやく外回りが囲えました。

 

朝から天気最高!!

s-o0768057613867841127.jpg

 

通常はレッカーは来ないのですが・・・今回はレッカー出動!!

s-o0768057613867841086.jpg

 

ついでに、ベランダのコンクリート打設も。

s-o0768057613867841107.jpg

 

レッカーがないと上がらないサイズの材です。

しかも桧材なので、杉よりも重い。

s-o0768057613867841139.jpg

 

こちらは屋根の裏。軒天。

大工の技術が分かる所です。

s-o0768043213870198616.jpg

 

普通の屋根の倍以上の手間がかかる屋根。

s-o0450080013870202921.jpg s-o0450080013870202907.jpg

 

屋根は、二重構造になっていて、屋根の上にもう一枚屋根があります。

s-o0450080013870205717.jpg

 

柱は無節で揃えました。

梁はさすがに・・・

継手もしっかり栓をして、柱の込み栓もよし!

s-o1000056313870198681.jpg

 

写真写りが良くありませんでしたが・・・

完成☆ミ

s-o1706096013870198607.jpg

 

 

またご報告します!

 

 

ちなみに、速報です!!

手刻みがスタートしました!これから1ヶ月くらい作業していきます。

ご見学したい方はご一報ください。

 

こちら↓↓からでも、お電話 054-6369-0956 でも!

top_workshop_bnr.jpg

地盤改良完了

2017.02.10

Y様邸家づくりの現場の報告です。

 

前回ご報告しました、地盤改良は完成

s-o0800067013863491894.jpg

 

全部で31本もの杭を打ちました。

s-o0768057613863491816.jpg

 

そして基礎工事に入りました。

まず仮囲いを組んで、高さの基準を決めて位置を決めます。

s-o0768057613863491767.jpg

 

位置が決まったら基礎になる部分を掘っていくのですが、

改良をコンクリートで行った場合は当然砕石の部分はコンクリートが見えているので、

基礎を掘って行く時にはよけて掘る必要があるのですが、今回は砕石なのでその心配はなさそうです。

 

また報告します。

リフォームスタート:藤枝駅前リフォーム

2017.02.08

藤枝市駅前で、リフォームが始まっています。

 

今回のリフォーム箇所は、トイレ・洗面脱衣所、廊下です。

昨年、キッチン、内装等のリフォームを行っています。

 

s-o0768057613847133881.jpg

 

リフォーム済みの玄関土間。お施主様のセンスが光る、素敵な空間です。

 

 

s-o2448326413847118199.jpg

 

トイレの横にはちょうど階段下スペースが・・・

実は、本棚の裏側なのですが、隠れていました。

 

s-o2448326413847117743.jpg

 

トイレ側から貫通。トイレが少し広くなります。

 

s-o2448326413847118055.jpg

 

廊下の工事は、床はリフォーム済みなので、壁と天井の塗替えがメイン。

 

s-o2448326413847117895.jpg

 

そしてこちらが洗面脱衣室。こちらは床、壁、天井と全て直します。

左側に映り込んでいるのはいるのは、お施主さんお手製の建具。

 

s-o2448326413847118358.jpg

 

こんな感じで素敵です。

左のカラーは和室の入口部分で、右側が外したトイレの建具なのですが、

これを取り替えようか悩みます。

もったいないですよね。

 

また報告します。

焼津市Y様邸 新築工事始まりました

2017.02.03

焼津市のY様邸新築工事がスタートしました。

 

s-o0768057613859545400.jpg

晴天のポイント出し。

 

s-o0768057613859545458.jpg

今回の地盤改良工事は、僕も初めてなんですが、天然砕石パイル工法です!

建物を支える柱状の所が砕石だけでできているんです。

出来ていると言っても固まっているわけではなく。

〈写真は、穴掘り中〉ってか全ての工事をあの機械が行います。

 

s-o0768057613859545527.jpg

砕石を入れている所。

こうして今度は、穴掘った時とは逆転させて転圧を与えながら、砕石を入れていく。

なんともシンプル。

 

s-o0768057613859545493.jpg

砕石は、普通の砕石とはちょっと違いサイズが大きいです。

 

s-o0768057613859545431.jpg

で、こんな感じの繰り返し。

やり方は、普通のコンクリートで造っていく柱状改良とほぼ同じみたいです。

 

金額はコンクリートで造る改良工事に比べて高め。

砕石なので雨水などの浸透性はすごく良さそうですね。

あと、「解体更地にした時に地盤下に埋設物が残らない」って云うのも利点です。

 

さて、どんなお家になるでしょうか。

またご報告していきます。

内壁の壁下地材貼り中

2017.01.23

だいぶ出来てきました。

 

内装の壁に下地材のボードが張られて部屋になってきました。

張られていない所には、下地が見えますか?

下地の細かさが強度の秘密です。

o0533040013852167038.jpg

 

ここ↓は寝室です。

あっ!

映ってる照明器具は仮設ですので!

o0768057613852167058.jpg

 

1Fキッチン背面カウンターです。

全て大工加工、お施主様のお家に合わせたオリジナルです。

材料は杉材、幅の広い所は接ぎ合わせて使っています。

o0768057613852167084.jpg

 

ストリップの階段

ほとんど構造のコンクリートが覆われて隠れてしまいました。

o0768057613852167100.jpg

 

 

外工事も防水工事、塗装工事と順調に進んでおります。

またご報告します。

マシュマロ断熱

2017.01.20

2月4日(土)5日(日)に構造見学会を開催させていただくK様邸。

今回は『ふきつけ断熱材』を使用しています。

この断熱材のあったかさを、ぜひ体感して頂ければと思っているのですが。

 

吹き付ける所は見て頂けないので、写真で!

 

o0768057613849220521.jpg

 

マシュマロ断熱=発泡系断熱材です。

これは、現場で断熱材を造り施工する方法で工期は一日

 

o0768057613849220757.jpg

 

↑↑吹付け前の養生。

ありとあらゆる物に養生をしておかないと細かい霧状の断熱材が、あちこちに飛び散りくっ付いてしまう為。

 

o0576076813849220728.jpg

 

タイコ梁もこの通り!

 

o3264244813849220681.jpg

 

いよいよ作業開始。

見てるとほんと面白い!吹いた瞬間からモコモコもこもこ膨らんで・・・

 

o0768057613849220804.jpg

 

あっという間に隙間を塞いでいくんですよ!

これなら確かに気密性は、高いですね。

通常のマット敷きでしたらこうはなりませんから。

 

o0576076813849220773.jpg

 

↑↑吹き付ける前のエアコンの貫通ダクト。

気密はこんなところからも発揮しています。

 

o0768057613849221131.jpg

 

見るからに温かそうです。

 

マシュマロ断熱は、 「冬暖かく夏涼しい」 です。

ということは、冷房暖房の光熱費も抑えられお財布にやさしい!

嬉しいですね。

 

見学会については↓↓よりご確認ください。

top_title02.jpg

外壁ほぼ完成

2017.01.12

寒い日が続いていますね。

寒波が来ていて・・・とのこと。

静岡(藤枝)には雪が降らないでしょうか?

少し降ると、嬉しくなっちゃうんですけどね。

 

 

さて、家づくりが進んでいるK様邸。

外壁がほぼ完成しました。

 

o0768057613843349051.jpg

 

こちらは玄関側。

玄関正面は、漆喰を塗る予定なので、完成はまだまだ先。

 

o3264244813843293854.jpg

o3264244813843297499.jpg

 

外壁は、SGL 次世代ガルバリウム鋼板です。

「前のGLに比べて 3倍超 耐久性が優れている」

って事は!塗替えのメンテナンスがだいぶ先。

樋のメンテナンス時期の方が早くきそうですね。

 

 

随時報告します!

晴天の上棟式 その2

2017.01.11

さて、着々と家造りが続いているI様邸。

今日は、上棟式の午後編です。

 

 

美味しいご飯を頂き、充電完了。

午後の作業に入ります。

s_DSC_9830.JPG

s_DSC_9831.JPG

s_DSC_9849.JPG

s_DSC_9859.JPG

 

手刻みの特徴!ホゾの長さに注目です。

s_DSC_9881.JPG

 

順調に作業が進み、棟木があがりました。

s_DSC_9901.JPG

s_DSC_9907.JPG

s_DSC_9914.JPG

s_DSC_9931.JPG

 

棟木が上がると屋根。

s_DSC_9956.JPG

s_DSC_9961.JPG

s_DSC_9962.JPG

s_DSC_9963.JPG

 

下で作業していた滝尾大工、上がって垂木作業中。

s_DSC_9967.JPG

s_DSC_9969.JPG

 

野地板まではいきませんでしたが、ここで本日の作業は終了です。

s_DSC_9977.JPG

 

 

I様、上棟おめでとうございます。

今後もよろしくお願いいたします。

無事上棟しました その1

2016.12.26

ブログをアップしたつもりで・・・できていなかったようで・・・

再アップです!

 

 

12月に静岡市で上棟したI様邸。上棟の様子をご報告いたします。

 

I様邸はとても広いお家で、松梁がたくさん入って・・・

と、写真を撮りすぎましたので、分けてご報告しようかと思います。

 

 

まずは、午前中

大きなお家ですので一日で上棟とはいかず、25日の上棟に向けて既に作業が始まっていました。

上棟式の二日前からレッカーさん呼んで組んだのは、住宅では初めてでした。

 

s_DSC_9599.JPG

s_DSC_9605.JPG

s_DSC_9607.JPG

 

柱が建ち、梁を入れていきます。

s_DSC_9660.JPG

s_DSC_9648.JPG

 

大きな材木がクレーンで運ばれている中、小さなこれ・・どこに入るのでしょうか?

s_DSC_9665.JPG

  

見えにくいですが、梁と梁の間です。

s_DSC_9716.JPG

s_DSC_9720.JPG

 

そして、松の梁も登場。

s_DSC_9725.JPG

s_DSC_9761.JPG

s_DSC_9748.JPG

 

迫力があり、ついつい写真を撮りすぎてしまいました。

s_DSC_9801.JPG

s_DSC_9802.JPG

s_DSC_9815.JPG

 

午前中の作業はここまで。

2階もだいぶ形が見えてきました。

s_DSC_9827.JPG

 

 

次は午後編。ご報告します。

土台据え

2016.12.23

次回は建前の報告を!と思っていましたが、

昨日、無事に土台据えへいったので、まずはそちらから。

 

o2370133313826857000.jpg

 

刻み始めてから約2か月かかりましたがようやく土台を取付です。

 

o0995176913826857066.jpg

 

基礎パッキン (ネコ土台) 石川木材オリジナル御影石です。

天然石なので半永久的。

これを敷いて、土台をこの上に乗せて空気の通う道を確保します。

 

o1152204813826857047.jpg

 

こんな感じです👆👆

基礎パッキンは約90㎝間隔+柱下+ジョイント。土台は、ヒノキの4寸角

 

o3264244813826856921.jpg

 

材料搬入まで完了しました。

 

本日23日は日がいいので、少しづつ建て始めます。

また報告します。

 

ご相談はお気軽に!
0120-390-346
新着ブログ記事一覧
資料請求はこちら
伝統工法の家
正直な家の会
石川木材の求人情報
正直メルマガ募集中