施工中ブログ

施工事例掲載

2014.04.23


静岡市のS様邸、
施工事例を掲載いたしました。

DSC_7321.jpg


住宅街の中に、自然を感じれる木の家が完成しました。

施工事例、のぞいてみてください。



大工工事

2014.03.25



静岡市S様邸、着々と工事が進んでおります!


只今、大工工事が行われているところです。

DSCF6204.jpg

▲こちらは玄関。

下駄箱は、大工造作です。
まだ造っている途中ですが、ここからどんな下駄箱になっていくでしょうかhappy01

DSCF6202.jpg

▲こちらは、和室。

少し見にくいですが、天井↑
杉板が貼られていますが、真ん中のところだけ四角くへこんでいます。
ここには、天井に埋め込み照明が入りますshine

イメージとしてはこんな感じです。

d0082238_21435713.jpg
*写真はイメージです。

S様邸の和室は他にもこだわりどころが満載ですnote



着々と完成に近づいています!
次回は、他の見所ポイントをアップしますflair



階段取り付け

2014.02.19




ご無沙汰してました。

静岡市のS様邸、工事着々と進んでおります!!


現場に写真を撮りに行ったらちょうど階段を取り付けているところでした。

DSCF6194.jpg

棟梁の鈴木大工shine

DSC_5795.jpg

廻り階段の複雑な収まりを丁寧に仕上げていました。

2階の写真を撮りたくて、どうやっていけばいいか尋ねたら、
「うさぎのようにジャンプできるならこの階段からどうぞ」ってcatfacesweat01
(階段の真ん中はまだ階段がない状態です)


・・・・・はい。当然不可能なので、外の足場から2階に上がりました(笑)

DSC_5808.jpg


2階の方も床、壁など着々と工事が進んでおり、完成も近いのではshineshine


DSC_5790.jpg

大工見習いのたくまくんも黙々と作業をしていましたhappy01

次に報告する時にはもっと完成に近づいていると思います☆
お楽しみに。







構造見学会を開催しました♪

2014.01.20

S様邸の現在の様子は・・・


IMG_4169.jpg

この写真からでは、まったくわかりませんね。

外壁は・・・ラス網まで。

写真右上にちょっと見えている軒天。
とてもきれいな材を使っています。

IMG_4182.jpg

IMG_4181.jpg

中は大工が作業中。
1階床の下地がほぼ終わり、壁には断熱材が入れられていくところです。


写真がありませんが、サッシが入っています。
色はウッディーな茶色で、結露がしにくい樹脂サッシです。

IMG_4178.jpg

こちら↓はベランダ。


IMG_4184.jpg


構造見学会では、家の骨組、中身を見て頂きました。

これから完成に向けて、どんどんと変わっていくお家。
また報告します。


ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
S様、今後ともよろしくお願いいたします。


工事進行報告☆

2013.12.17



ただいま、施工中の静岡市S様邸。
工事は順調に進んでおります☆


DSC_2641.jpg

壁には、透湿防水シートが貼られていましたshine
壁内の湿気を積極的に屋外に排出し、壁内の結露を防いでくれます!

DSC_2646.jpg

そして、壁や、天井、床に断熱材が入れられていきます!

DSC_2653.jpg

電気の配線も繋がれており、工事進行も順調ですhappy01

DSC_2685.jpg

現場では、光男大工がお仕事中でした!
運よくお施主様ともお会いでき、挨拶することができましたshine

また、工事の進行具合を報告したいと思います。



雨の前に・・・

2013.11.15

上棟したS様邸。
雨が降る前に、と野地板とアスファルトルーフィングがはられていました!

DSCF8873.jpg

野地板ももちろん杉材。
いい香りです。

DSCF8878.jpg

これで、天井からの雨を防ぎます。

DSCF8884.jpg

まだまだはじまったばかりのS様邸。
これからの動きにも、ご注目ください。

上棟☆

2013.11.07

静岡市S様邸の建前を行いました。

DSC_1692.jpg

木を知り尽くした大工さんが、
一本一本木の特性を見てそれを活かせるようにして刻んだ手刻みの材。

『コンコン』とかけやで強くはめていきますgood

DSC_1743.jpg

DSC_1803.jpg

柱の太さは4寸。
太い柱は火にも強く、お家を支えてくれますflair

DSC_1694.jpg

滝尾大工が木の栓を打っています。
込み栓より太い。これは『ダボ』flair

DSC_1709.jpg

材を材に組み込ませるのではなく、重ねるだけの場合、
このダボを使い、上下の材を固定します。

バルコニーもできてきましたcatface

DSC_1724.jpg

材が重なる前、なんだか鳥居のように見えた、コチラ。
同じ方向に長い材と短い材が重なっていきます。

DSC_1816.jpg

こちらは、上に大きな梁が来るため、下梁をしてその材を支えているのだとか。
お家づくりの知恵は、勉強になります。

あっという間に束が立ち、

DSC_1841.jpg

お酒でお清めをして・・・

DSC_1848.jpg

上棟しましたhappy01notes

DSC_1871.jpg

お家の形ができ、これから大工工事にうつっていきますsun
今後の動きに目が離せませんよbleah

RIMG6874.jpg

S様、上棟おめでとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。


基礎工事へ

2013.10.22

無事に地鎮祭を終えたS様邸。


現在建前に向けて、基礎工事をしています。

基礎前↓↓

DSCF8530.jpg

DSCF8536.jpg

基礎中↓↓

DSCF2876.jpg




基礎に使うコンクリートですが、どんな材料かご存知(かと思いますが)でしょうか?


コンクリートは、

『セメントに砂と水、砂利を混ぜたもの』です。

型を作って流し込み、固まると石に近い性質をもちます。


ちなみに、よく弊社で土間などに使うモルタルは、

『セメントに砂と水のみを合わせたもの』


古代エジプトやローマでも石灰石と砂などを混ぜたものが、防水用に使われていたそうです。
昔から同じように使われていたんですね。


DSCF2880.jpg

ご存知の通りコンクリートはとても固いです。
パンチなんてしたもんなら、骨が砕けます。

でも実は上からの力には強いのですが、引っ張る力に弱いのです。

だから、鉄筋や鉄骨と組み合わせて、建物の構造に使われています。


コンクリートは、気候や混ぜる割合、職人の腕で、
精度や強度までが左右される、扱うのが難しい材料と言われます。


正確で滑らか、美しい基礎は、職人の腕にかかっている!


今日も職人朝比奈さんが、
現場で長年の経験と知識と職人の腕をふるってくれています。



地鎮祭

2013.10.01

先日、静岡市で家づくりが始まっているS様邸の地鎮祭が行われました。


DSCF8590.jpg

DSCF8588.jpg

今まで暮らしていたお家を解体しての建て替え。

まっさらになった土地に、新たにどんなお家が建つのでしょうか。

来月には建前。
これから施工中の様子を掲載させて頂きます。


S様、おめでとうございます。


今後とも、よろしくお願いいたします。


ご相談はお気軽に!
0120-390-346
新着ブログ記事一覧
資料請求はこちら
伝統工法の家
正直な家の会
正直メルマガ募集中