施工中ブログ

足場が取れました

2014.07.15

S様邸、足場が取れました!

 

というわけで、外観をすっきりとみることができるようになりました。

DSCF6388-1.jpg

DSCF6384-1.jpg

合成したかのような青空ですね!
この日はいい天気で、漆喰の白と木の色がとてもきれいに見えました。

 

屋根は瓦ぶき、外壁は漆喰と杉板のよろいばり、
付け柱&付梁と炭入り漆喰がアクセント。

S様のこだわりが感じられます。

 

こうやって外観を見て見ると、中も見たくなりますよね。
というわけで、完成見学会を開催させて頂きます。
 

見学会の詳細は↓↓のページでご覧ください。

091long.jpg

左官工事

2014.07.01

現在、左官工事が行われているS様邸。

ちょうどこの日は和室の壁に漆喰を塗っているところでした。

DSCF6364.jpg

外壁もこの通り、漆喰で塗られました。

DSCF6363.jpg

塗り壁のいいところは、同じ材を使用していても、塗り方によって雰囲気を変えることができること。
どんな塗り方があるかというと・・・

ks_moyou_l08.jpg 013.jpg 

      扇仕上げ               櫛引仕上げ  

pattern1-1.jpg 017.jpg 

     ラフ仕上げ            スパニッシュ仕上げ 

ks_moyou_l03.jpg ks_moyou_l07.jpg

   引き刷り仕上げ          鏝波仕上げ

写真は同じ色愛のものではないので比較しずらいかもしれませんが、
模様が違うだけで、感じが変わりますね。

藁等を入れたり、漆喰を磨き上げたりする仕上げもあります。

 

お施主様によって、塗り方は様々ですが、打ち合わせをして決めます。
イメージ通りに塗れるかは、左官職人の腕の見せ所!

 

 

外観はまだ足場があるので、すっきりと見えませんが、
そろそろ足場も外れる頃。

全体を見るのが楽しみです。

吹き抜け

2014.06.23

引き続き木工事の続くS様邸の様子です。
 

1階リビング&ダイニングは大きな吹き抜け&斜天井になっています。

上を見上げるとこの通り。開放感たっぷりの空間が広がっています。

 

073.jpg

072.jpg

 

リビング&ダイニングの横はキッチン

 

074.jpg

 

080.jpg

 

キッチンの設備は設置済み、

キッチン側の収納と、リビング&ダイニング側の収納の造作が続いています。

 

083.jpg

2階へ続く階段を上っていくと・・・

091.jpg

 

吹き抜けが見下ろせる書斎へつながっています。

 

完成までもう少し。

引き続き木工事が続き、壁の仕上げ(塗り壁)へと入っていきます。

着々と...

2014.06.16

お久しぶりになってしまいました。
袋井市のS様邸、着々と完成に向けて工事が進んでおります!

S様邸は、造作家具がいろんなところで見られます!
まだ、作成途中ですが少しだけ紹介します☆

▼リビング 書棚

075.jpg

▼ROOM TVボード

093.jpg

▼洗面台

115.jpg

全て、大工の手作りです♪
その他にもまだまだ造作家具があります!

完成までもう少し。
また、報告します!

和室の造作

2014.05.23

S様邸の和室で、滝尾さんが加工していた材を発見しました。


IMG_9817.jpg

これです↑↑

材は樫。
以前からあった材↓↓と組み合わせて飾られています。

IMG_9818.jpg

他にも既存の欄間↓↓を再利用。

IMG_9816.jpg


和室の壁は漆喰仕上げ
もうそろそろ施工に入る段階です。

壁が塗り終わり、お引き渡し間近になると、建具(S様邸は古建具を多数使用)や畳が入ります。


古建具、建具といえば、2014年6月に開催する
『のんびり学校10時間目建具の授業』で、色々とお話しする予定です。



建具は、

□機密性  □透過性  □遮音性  □プライバシーを保つ

□空間に変化をつける                   などなどの役割があります。


形状としては、開き戸、折戸、引き戸があり、日本の伝統的な建具は引き戸です。
古建具は木製ですが、現在はアルミフレームの障子なんかもあるんですね。


毎日開け閉めしている建具ですが、
どの部屋はどんな建具がいいのかとか、開き戸と引き戸のメリットデメリットなどなど、
きっと面白い話を講師の方がしてくれると思います。


興味がある方は↓↓イベントページでご確認ください。

100-1.jpg


大工造作ものがとってもたくさんあるS様邸。
まだまだ大工工事は続きます。


外壁は鎧張り

2014.05.20

S様邸の外壁は、杉板の鎧張りと漆喰仕上げ

まずは、杉板部分から施工をし、その後塗りに入ります。

DSCF9828.jpg

DSCF9825.jpg

ほぼ張り終えた状態、塗り壁は下塗りで養生期間中です。


家を建てる前、なかなか完成のイメージはわきにくいものですよね。

外壁をどんな素材にするのか、何色にするのか決めるにも、
サンプルと実際に家のサイズとでは、ちょっとイメージからずれることもあります。


色以外にも、家の空間や形などは、平面図ではなかなか・・・

というわけで、まだ見ぬ家をわかりやすく表現するために、
設計士さんがスケッチやパースを描いたり、模型を作ったりします。


S様邸の外壁イメージパースはこれ↓↓

TSimage.jpg

*ファーストプランのパースのため、実際とは少し異なります


絵だと分かりやすいですね。


さて、実際の仕上がりは、イメージ通りになるでしょうか。

外壁が仕上がったら、また報告します。


キッチン周り

2014.05.16

少し前の現場の様子になってしまいますが・・・


DSCF9782.jpg

DSCF9781.jpg

キッチン周りが、できてきました。
大工さん造作の収納が沢山!!

これならごちゃごちゃしがちなキッチンも、きれいに&楽に使えそうです。

もともとあまり台所に立たないとおっしゃっていたS様。
新しいキッチンになったら、きっと立つ回数が増えるはず?


2階へつながる階段もできていました。

DSCF9786.jpg

DSCF9787.jpg



S様邸は大工さんが作る造りつけの家具や収納が沢山あります。

少しずつ仕上がってきていますが、
全てが出来上がってから、紹介するのが楽しみです。



和室もだいぶ変わってきています。
それはまた、次回のブログにてご紹介いたします。

2Fはほぼ終了

2014.04.19

先週の現場写真。

S様邸のお庭には、桜の木があるのですが、
見事にきれいな花を咲かせていました!!

DSCF9700-1.jpg


大工さんは毎日、休憩中はお花見できてラッキーです。


さて、中はというと、

DSCF9719-1.jpg

2Fは内装(壁)や電気工事などを残してほぼ木工事は終了

DSCF9721-1.jpg

DSCF9724-1.jpg

DSCF9738-1.jpg

梯子がかかっているところが階段。
こちらはもう少し先だと思います。


1Fは木工事の真っ最中

DSCF9708-1.jpg

玄関を上がった所の廊下。天井も無垢材、木が香ります。
写真でも木の香りがする気がして、、、
気のせいですね。

押入れが見えていますが、右側は和室です。


少しずつですが出来上がっていくお家。
お施主様にわくわくを分けていただいて、毎回楽しく現場を見ています。

さて、次に行くときには、どう変わっているでしょうか?





どこに使われるのでしょうか?

2014.04.15

現在、大工小屋には、色々なサイズの天板・カウンター材が置いてあります。

ここにも↓、

2014415FS (1).jpg

こちらにも↓。

2014415FS (3).jpg


↓は大工の滝尾さんが表面を平らに削っているところ。
樹種は樫です。

2014415FS (4).jpg

2014415FS (2).jpg

1枚目の写真はどうやら床の間の部材のようでしたが、
滝尾さんが削っていた材は、どこに使うか「ひみつ」だそうです。

現場では、忍大工と中村大工が作業中
こちらでは、滝尾大工が作業中

完成に向けてこれからどんどん変わっていきます。

次は現場を☆


造作中

2014.04.04

袋井市S様邸。
工事の状況はというと・・・

2階の書斎には、机ができていました。

少し高台にあるS様邸。
この書斎からの景色は最高です!

2014.4 (2).jpg


広い玄関には収納を作っています。

2014.4 (3).jpg

こちらはトイレ
腰壁は天竜杉。

2014.4 (5).jpg

2Fの部屋は、養生で見えませんが、床がはり終わっています。

2014.4 (1).jpg

鈴木忍大工が作業中。
何ができるのでしょうか?

2014.4 (6).jpg


家造りにはいろいろな職人が携わります。

ここで少し、家づくりの流れをおさらい


建て替えの場合は古いお家に感謝しつつ、解体作業
地の神様へ挨拶する地鎮祭
地盤調査
必要な場合には地盤調査
基礎と先行配管
いよいよ上棟!
屋根工事&電気配線
水道工事
防水工事&外壁工事
床・壁・天井、色々あります内部造作
水回り等の設備入れ
壁(塗り壁など内装、外壁)工事
給排水仕上げ工事
電気仕上げ工事
建具や畳入れ
クリーニング
お引き渡し


他にもサッシ工事、板金工事、外構工事と色々あります。

順序通りではなく、木工事をしながら電気や水道の工事に入り、
塗り壁も下塗りで乾燥期間を開けて仕上げへと、
工事期間中は様々な職人が出たり入ったり。

大忙しです。

初夏が完成予定のS様邸、まだまだ木工事から、塗り壁、大工家具造作に設備の搬入。
作業は続きます。


ご相談はお気軽に!
0120-390-346
新着ブログ記事一覧
資料請求はこちら
伝統工法の家
正直な家の会
正直メルマガ募集中